九谷焼の歴史

九谷焼の黎明期

明暦元年(1655)頃、大聖寺藩初代藩主の前田利治が、九谷村で陶石を発見し、後藤才次郎に磁器生産を命じた。後藤は肥前有田で陶器製造技術を習得し、帰藩後、九谷の地で窯を興した。これが、九谷焼のはじまりである。

この時期に焼成された作品は「古九谷」と呼ばれ、紫・緑・黄を主調とした「青手古九谷」など大胆な構成と力強い筆致をもった豪放な作風が多くみられ、後世に多大な影響をもたらしたが、古九谷窯は約50年で突如として姿を消す。

九谷焼の再興

古九谷が廃窯して約100年後、加賀藩・大聖寺藩で九谷焼が再興される。

金沢の春日山窯をはじめ、古九谷窯跡地で青手の作風を継承した吉田屋窯、赤絵細描画を得意とした宮本屋窯、赤絵に金彩を施す金襴手を確立した京都の名工永楽和全、洋絵具を使った絢爛豪華な彩色金襴手を生み出した九谷庄三など多様な作風、名工が現れた再興九谷は隆盛を極めた。

近代以降の九谷焼

庄三風の絢爛豪華な色絵磁器は、海外でも高く評価され、明治6年(1873)のウィーン万国博覧会をはじめ、『ジャパンクタニ』の名で各国から賞賛を受けるほどになり、産業九谷の基礎をかたちづくった。

九谷の伝統は脈々と受け継がれ、昭和50年(1975)には国の伝統的工芸品産業に、翌51年には石川県無形文化財に指定された。

今もなお、古九谷の伝統を継承しつつ、新たな作風、現代にマッチした商品開発に向けて、たゆまぬ努力が続けられている。